最高の不動産を求めて…

ここで不動産知識をつけよう

知っているようで知らない専門用語

チラシやCMでよく見聞きする礼金などの不動産の用語を、きちんと説明できる人は多くありません。
しかし、金銭が関係することですから、意味をしっかり理解していないと悪徳な詐欺に巻き込まれる恐れがあります。

まず礼金とは、アパートやマンションの賃貸契約を行う際に、住宅を借りる側の人が貸す側の人に支払う一時金の一種です。
一時金とは賃貸契約の際に賃料とは別個に、住宅を貸す側の人に支払うお金のことを指します。
礼金のほかに、敷金・保証金・更新料などの一時金もあります。

礼金は住宅を貸してもらうことへの感謝の意を示すお金なので、一般的に契約が完了しても返却されることはありません。
礼金は一か月か二か月分の賃料が平均的な額です。
ただし近年では、礼金を支払わなくてもよい賃貸物件も多くあります。

ほかに賃貸住宅を選ぶ際に重要な要素の一つとして、耐用年数があります。
耐用年数とは建物が利用できなくなるまでの年数のことです。
建築材の摩耗や劣化のみならず、経済的、機能的に生活できるかなどの総合的な観点から決められます。

キッチンやバスルームのリフォーム、外壁の工事など、一軒の家を維持し長く使うためには多大な費用がかかります。
そのような費用のかかりすぎる住居の耐用年数は短くなります。
耐用年数とは必ずしも必要最低限の生活水準を指さず、人間が文化的な生活を営むための利用限度を指します。

Comments are closed.

Copyright © 2014 最高の不動産を求めて… is Proudly Powered by Wordpress. Theme by The Cloisters